文部科学省委託事業|地域×生徒×農業 — 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築

プロジェクトについて

猪名川グローカルプロジェクトについて

地域×生徒×農業 — 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築 —

〜猪名川グローカルプロジェクト〜

   2018年、文部科学省「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」のメニューの一つである「教育プログラム等の開発」に新規事業として加わった「学びのセーフティネット機能強化に向けたチーム高等専修学校の構築」のモデル構築に、猪名川甲英高等学院は「学びのセーフティネット機能強化に向けたチーム高等専修学校の構築」のモデル構築に、「地域×生徒×農業 — 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築 — 」という事業を提案し、参画することになりました。
   もとより猪名川甲英高等学院は、「各地域から人的・物的協力などを得ることでカリキュラムの実効性、事業の効率性を高めつつ」運営されてきました。「地域のためが子供のため・子供のためが地域のため」そういう教育はこれからもゆっくりと醸成していくつもりでした。文科省の事業に参画することを機に、「猪名川グローカルプロジェクト」として、想定していたチャレンジを一気に進めていくことにしました。
   猪名川甲英高等学院では、不登校や発達障碍など様々な事情を抱えた子供たちが、有機農業の授業を通じてそれぞれに役割があること、助け合って活かし合うことで多様性のなかで生きることを学んでいます。私たちから、農業の学びを通じた「学校+地域+外部の企業」によるフレームを提案していきます。

猪名川甲英高等学院

猪名川甲英高等学院について

   猪名川甲英高等学院は、140年の歴史をもつ旧猪名川町立阿古谷小学校の廃校跡活用事業として、日本で唯一となる農業実務課程の高等専修学校として2016年4月に開校しました。
   家庭や学校といった狭い世界での躓きや恐怖や喪失のせいで、生きづらさを抱えている子供たちはたくさんいます。そんな子供たちが安心して学び、再チャレンジできる学校として、大前学園は存在してきました。大前学園にとって、阿古谷の豊かな自然や、優しい地域の人たちとの結びつきは、その理想を実現するのにこれ以上ない環境でした。そして、阿古谷だからこそ実現できる農業の学びは、多様な生徒が多様な役割を見つけて協力し合うという、生きづらさを抱えた子供たちにとってこれ以上ない課程でした。
   村を愛する地域の人々。農業分野でチャレンジを続ける人々。彼らのサポートを受けて、大前学園のあたらしいチャレンジは、阿古谷でゆっくりとスタートしました。

猪名川甲英高等学院と地域のつながりーその1
猪名川甲英高等学院と地域のつながりーその2

猪名川甲英高等学院 × 地域

   小学校がなくなった阿古谷の村にやってきた猪名川甲英高等学院を、地域は心から歓迎してくれています。農業について教えてくれたり、田畑を貸してくれたり。トラクターやチェーンソーなど、子供にはできない作業をやってくれたり。学校に地域の人々が遊びにきてくれることもよくありますし、自分の畑で穫れたものを持ってきてくれたりもします。遅刻した子が歩いていたら、軽トラックで学校まで送ってくれた人もいました。
   いっぽうで、子供たちも地域に活力を与えることで貢献しようとしています。ここに小学校があったころと同じようにここで祭や運動会を開いています。何十年も前に途絶えた地域の獅子舞を、子供たちが復活させて舞ったことは、地域の高齢者に大変喜ばれました。
   これからも猪名川甲英高等学院は、優しい阿古谷の人たちと支え合いながら共にあり続けます。

猪名川甲英高等学院 × 農業

   猪名川甲英では子供たちが、農業実習に取り組んでいます。農業の根幹には「共生と循環」があります。さまざまな生物が多様性を持って共生していることを活かし、命のつながりと物質の循環をだいじにしています。さまざまな個性を持った子供たちが、お互いを認め合いながら助け合いながら学ぶ、この学校の考え方にぴったりです。農業を専門的に学びたい、外に出られるのが楽しい、収穫できて嬉しい…どれであってもいいと思っています。
   得意を伸ばして苦手なことを補い合えるのが農業です。そもそも、これまで彼らが中学で経験していないものなので、これまで自分の強みだったけど発揮できなかったものに気づくことができます。体力のある子が肉体労働をよけいにしてあげたり、マイペースと言われてきた子が細かい作業を根気よく丁寧にできたり。野菜に愛情を持つことで子供にスイッチが入ることもあります。
   阿古谷の自然に囲まれて、みんなで協力しながら自分たちで野菜を育てる。その経験は、必ず子供たちを豊かにします。

<企画第一分科会>
地域農業の課題を議論し、地域の農業従事者との協働や校外での実習を通じたカリキュラムを設計する

   学校の実習で取り組んでいる有機農業の周囲にある慣行農業、販売や流通、作物を売って生業を建てるということといった「地域農業のリアル」をどう学ぶかを議論しました。農場での作業実習やJAとの協働による販売実習などをつうじて、議論は「校外での体験事業の設計と実施」に留まらず、猪名川甲英でおこなわれているあらゆる農業学習のカリキュラムの総棚卸をし、学校の実習と座学と校外実習を組み合わせて「3年間で"農業"をどう学ぶのか」を再設計すべきということに至りました。
   1年で有機農法を楽しむ→2年でプロの農家との協働で本格的な農業を学ぶ→3年で農家の経営について学ぶ。
このように段階的に学んでいくことによって、3年を修了した子供たちに農業を意味あるものとして遺すことを考えています。卒業生のうちの何人かは本格的に就農をめざし(中には猪名川でも)、他の子供にとっても農業の学びが彼らにとって価値のあるものになる、そんな学びにしなくてはなりません。そのためには、2年次以降では地域農家での実習による本格的な栽培技術の習得や、JAと協働した販売実習、さらには大規模農家への見学などを効果的に組み込めることが理想です。
   外部との協働による学習のみならず、とうぜんながら従前よりおこなわれている「家庭科」「農業と環境」「食品流通」「栽培知識」など他教科の学習についても、すべてをリンクさせたカリキュラムとして体系化しなければなりません。3年間の農業の学びのリンクを図式化したモノを「グローカルマップ」と名付けて「走らせながら完成させる」ことを次年度の目標に掲げています。

猪名川甲英高等学院と地域のつながりーその1
猪名川甲英高等学院と地域のつながりーその2

   学校の実習で取り組んでいる有機農業の周囲にある慣行農業、販売や流通、作物を売って生業を建てるということといった「地域農業のリアル」をどう学ぶかを議論しました。農場での作業実習やJAとの協働による販売実習などをつうじて、議論は「校外での体験事業の設計と実施」に留まらず、猪名川甲英でおこなわれているあらゆる農業学習のカリキュラムの総棚卸をし、学校の実習と座学と校外実習を組み合わせて「3年間で"農業"をどう学ぶのか」を再設計すべきということに至りました。

学びの流れ|猪名川甲英高等学院

   1年で有機農法を楽しむ→2年でプロの農家との協働で本格的な農業を学ぶ→3年で農家の経営について学ぶ。
   このように段階的に学んでいくことによって、3年を修了した子供たちに農業を意味あるものとして遺すことを考えています。卒業生のうちの何人かは本格的に就農をめざし(中には猪名川でも)、他の子供にとっても農業の学びが彼らにとって価値のあるものになる、そんな学びにしなくてはなりません。そのためには、2年次以降では地域農家での実習による本格的な栽培技術の習得や、JAと協働した販売実習、さらには大規模農家への見学などを効果的に組み込めることが理想です。
   外部との協働による学習のみならず、とうぜんながら従前よりおこなわれている「家庭科」「農業と環境」「食品流通」「栽培知識」など他教科の学習についても、すべてをリンクさせたカリキュラムとして体系化しなければなりません。3年間の農業の学びのリンクを図式化したモノを「グローカルマップ」と名付けて「走らせながら完成させる」ことを次年度の目標に掲げています。

猪名川グローカルプロジェクトのサポートメンバー
  • 北山純也@北山農園(代表) 猪名川町の若手農業従事者のリーダー的存在・JA青年部会長でもある
  • 中野耕太郎@なかなかファーム(代表) 脱サラ後岡山で果樹栽培〜大阪で職業訓練教育〜4年半前から猪名川で新規就農
  • 中上和磨@JA兵庫六甲猪名川営農支援センター 猪名川の農業の活性化に取り組むJAの営農相談員・実家は観光農園
  • 大塚洋一郎@農商工連携サポートセンター(代表) 6次産業化やグリーンツーリズムを支援するNPO法人・元経産省
  • 谷清/井谷丈志@阿古谷みらい協議会 学校との相互発展をめざした地域任意団体

<企画第二分科会>
農業/AIやICT/世界と社会/学びの未来を議論し、次代を担うべき人材を育成するためのカリキュラムを設計する

   AIやドローンといった先端技術、世界的な人口問題や環境問題、日本の農業と世界の農業の問題。課題を抱えた子供たちにはやや背伸びともいえる分野ですが、次代を担う彼らに必要な問題意識であり、彼らに切り開いてもらわなくてはいけない分野でもあります。猪名川グローカルプロジェクト以前の2018年度に実験的におこなった「ドローン米の栽培」の検証からスタートし、「発展途上国」から完全に「先進国」になった現在の日本の子供たちに相応しい学びとは何かを議論しました。
   たしかに、コンテンツのレベルについてこれていない子供も多数見受けられました。教員たちからも「概念的なものはハードルが高い」という意見もありました。しかし、一部の好奇心旺盛な子供たちは興味津々だったのも事実です。
   猪名川甲英高等学院の理念は「3つのSai」です。まずは苦手や弱さを受け容れて再チャレンジする「再」ですが、その先には、長所や強みを見つけて伸ばす「才」と、卒業後の人生を鮮やかに彩る「彩」があるはずです。ほんとうに猪名川甲英では、「再」の先の「才」や「彩」の教育に至ることができていたのかが図らずも浮き彫りになりました。卒業後の彼らの目標となり得るような先端分野のスペシャリストとの邂逅を学校が提供することは、これからもやっていかないといけないのではないかとも考えています。

第二分科会(企業連携)|猪名川グローカルプロジェクト
猪名川グローカルプロジェクトのサポートメンバー
  • 勝俣喜一郎/春原久徳/辻武史@ドローン・ジャパン株式会社(代表取締役社長/取締役会長/農業サービスリードファーマー)
    IoTのなかでもドローンの分野に特化し、海外・IT・農業・人材育成をつなぎ日本で培われてきた循環型農業を世界に発信する企業

<地域連携分科会>
阿古谷地域と猪名川町の課題を議論し、学校と地域の協働で課題を解決するカリキュラムを設計する

   学校と子供たちが地域の自然と優しい地域の人々に育まれ、学校と子供たちが地域に活力を与える。猪名川甲英高等学院は設立3年にして、地域と共に支え合う学校になりました。子供たちがさらに深く地域と関わり、地域を識ることで、彼らの刺戟になることはないか、地域の行事や地域の課題について子供たちと地域が協力して取り組むことができないかを議論してきました。
子供たちがより猪名川の地域についてより深く識るために、猪名川町教育委員会の支援を受けて、国史跡多田銀銅山の見学をおこないました。この見学の検証から、子供たちが校外のオトナたちとのふれあいをとても刺戟に感じているということがわかりました。これを受けて、地域団体や教育委員会などの支援を受けた校外での学びをさらに実施していくことを検討しています。
   いっぽうで、彼らが人の役に立つことを特別嬉しいと感じていることが明らかになりました。生きづらさを抱えてきた子供たちは承認欲求が強いのかもしれません。そのことから、学校のある阿古谷地域の地域活動の"お手伝い"が学びになるような仕組みを作っていこうということを検討することになりました。祭、清掃、山林や農地の保全といった行事に子供たちが参加し、同時に体験学習ができたり地域の歴史を学べたりするようなカリキュラムを作っていこうと考えています。農業だけではなく、農村や森の知恵を学び、農村で暮らす意味を知れば、都会から離れて里に暮らすことを選択肢として考えるようになるとも期待しています。
   学校側で地域行事のスケジュールを把握し、「行事参加+学び」を企画・運営していく体制を作っていくのが次年度の目標です。

地域連携分科会の取りくみ事例その1|猪名川グローカルプロジェクト
国史跡多田銀銅山の見学|猪名川グローカルプロジェクト
猪名川グローカルプロジェクトのサポートメンバー
  • 谷清/井谷丈志@阿古谷みらい協議会 学校との相互発展をめざした地域任意団体
  • 仲井常雄@阿古谷まちづくり協議会 阿古谷地域の地域団体
  • 前田悟@猪名川町企画総務部企画財政課 猪名川町役場で「高校生フォーラム」を主催
  • 井上知香@猪名川町教育委員会教育振興課社会教育室 猪名川町の文化行政に携わる学芸員
  • 辻武史@つじ農園(千年村プロジェクト) 千年村プロジェクトのメンバー

<自立支援分科会>
さまざまな課題を抱える子供たちにふさわしい学びやサポートを議論し、適切なサポート体制を構築する

   猪名川甲英の教員たちは専門知識や技術ではなく「丁寧な指導」「センス」によって生きづらさを抱えてきた子供たちに接しています。クラス内で子供たちがサポートし合う環境を醸成することで子供たちに再チャレンジを促しています。その状態に各分野の専門家の高度な知見を付加することで、技術的合理的根拠のある指導を構築し、情報を共有化することをめざして議論を始めました。
   次年度は、各分野の専門家による基本的な教員研修の実施をすることで基本的認識を新たにすることからはじまり、子供たちの特性ごとのサポートについてのマニュアル、特性の強い子供のサポート体制などを整備していきます。それと合わせて周辺の医療・福祉機関や、大学・専門学校などの進学先、就職先などとの連携体制を構築していきます。
   また、年少の子供たちとのふれあいや高齢者や障害者の介護や介助を学ぶ経験なども親和性が高いという意見も出ました。
   あわせて、全生徒にChromeブックを配備し、G Suiteのポータルサイトを構築、さらには全生徒に標準化します。
   次年度にLINE@やGoogleHangoutでカウンセラーに相談できる体制を構築していきます。

猪名川グローカルプロジェクトのサポートメンバー
  • 辻真佐美@猪名川町教育委員会学校教育課 特別支援教育を推進する指導主事・元中学校職で8年間特支担任
  • 市橋拓@株式会社サルビアジュニア(代表取締役) 放課後等デイサービス・児童発達支援
  • 今井紀明@認定NPO法人DxP(理事長) 不登校や引きこもりの支援をしているNPO法人
  • 出口のりこ@NPO法人タッチカウンセリング協会(理事長) 心理カウンセラー・子育てコンサル・森のようちえん
  • 三浦伸恵@作業療法士