文部科学省委託事業|地域×生徒×農業 — 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築

猪名川グローカルプロジェクトとは?

地域×生徒×農業

ー 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築 ー

文部科学省 専修学校による地域産業中核的人材養成事業

(学びのセーフティーネット機能の充実強化)

本事業(猪名川グローカルプロジェクト)は、地域×学校×農業の3者が、学校を核として連携することでそれぞれの課題解決を図るという取り組みです。

具体的には学校と外部(地域団体や農家や企業など)と連携して教育カリキュラムを設計・運営をしていきます。事業の初年度である2018年度は、十分なコミュニケーションによって互いの課題を共有し、実証講座を試行することで2019年度以降のカリキュラム運営のありかたを議論しました。

猪名川グローカルプロジェクト(イメージ図)

2018年、文部科学省「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」のメニューの一つである「教育プログラム等の開発」に新規事業として加わった「学びのセーフティネット機能強化に向けたチーム高等専修学校の構築」のモデル構築に、猪名川甲英高等学院は「学びのセーフティネット機能強化に向けたチーム高等専修学校の構築」のモデル構築に、「地域×生徒×農業 — 専修学校を核とし相互課題を解決するネットワークの構築 — 」という事業を提案し、参画することになりました。

もとより猪名川甲英高等学院は、「各地域から人的・物的協力などを得ることでカリキュラムの実効性、事業の効率性を高めつつ」運営されてきました。「地域のためが子供のため・子供のためが地域のため」そういう教育はこれからもゆっくりと醸成していくつもりでした。文科省の事業に参画することを機に、「猪名川グローカルプロジェクト」として、想定していたチャレンジを一気に進めていくことにしました。

猪名川甲英高等学院では、様々な課題や生きづらさを抱えた子供たちが、有機農業の授業を通じてそれぞれに役割があること、助け合って活かし合うことで多様性のなかで生きることを学んでいます。私たちから、農業の学びを通じた「学校+地域+外部の企業」によるフレームを提案していきます。

地域×学校×農業をつなぐ4つのプロジェクト

地域農業の課題を議論し、地域の農業従事者との協働や校外での実習を通じたカリキュラムを設計する  

農業/AIやICT/世界と社会/学びの未来を議論し、次代を担うべき人材を育成するためのカリキュラムを設計する

阿古谷地域と猪名川町の課題を議論し、学校と地域の協働で課題を解決するカリキュラムを設計する

さまざまな課題を抱える子供たちにふさわしい学びやサポートを議論し、適切なサポート体制を構築する